うつ病を病院へ行って治療したときの平均的な期間は?

うつ病になって病院に行く場合、平均的には、どのくらいの期間がかかるのでしょう?

「 平均的には、半年から、1年程度で、症状の改善がみられる 」と言われていますが、

Aさん

治るってわけじゃないの?

半年から1年で、心療内科や、精神科に行き、抗うつ剤や、睡眠薬などを処方してもらい、きちんと服用した場合、気持ちの落ち込みや、食欲不振、睡眠不足などの症状のうちのどれかが、改善するということ言われています。

ただし、このような治療を受けても、20~30%の患者さんが、1年以上、場合によっては、10年を超える期間薬物療法を続けている場合もあります。

Aさん

治るわけじゃないし、何年も薬飲んでも、治らないこともあるんだ!

このように、長期化するうつ病のことを遷延うつ病と呼び、抗うつ薬を一定期間使用しても,改善しない場合は、難治性うつ病と呼んでいます。

遷延うつ病になる原因は、患者さんが、医師に相談せずに、薬の量を減らしたり、服用自体をやめてしまったりすることと言われていますが、きちんと飲んでいる人でも、症状の改善がないどころか、副作用が起こったり、さらに症状が悪くなったという事例もあります。

Aさん

じゃあ、どうすればいいの?

マインドインスパイア

まず、うつ病のほんとうの原因を知ることが大切だよ、うつ病になるのは、下記の環境要因が原因になっている

環境要因

家族関係の問題 仕事やお金の問題 自分や家族の健康の問題 転職など環境の変化

うつ病の原因のストレッサーとは

マインドインスパイア

この環境要因であるストレスに自分の心(マインドセット)が反応して、うつ病になる。

心理的な要因

悲観的 完璧主義 自分を責めてばかりいる 周囲の人を責める

うつ病の原因の7つのマインドセット

マインドインスパイア

どんなストレスがあっても、自分のマインドセットをポジティブに変えてゆけば、そのストレスを受け流すことが出来て、うつ病を改善する。

Aさん

心(マインドセット)を変えれば、気持ちも楽になるんだ

薬の前に出来ること

鬱(うつ)病:薬を飲む前に出来ること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です