マインドセットを作る方法

マインドセットを作るとは?

マインドセットを作るというと、何だか難しいことをしなくてはならないような感じがしますが、

実はほとんどの人は、これを自然にやっています。

なぜなら今身についている行動は全て、過去のある時点で自分にとって望ましいと思って、取り入れたものだからです。

いつもやっている行動は、余りにも当たり前になっていて、いつ、どのように身に着けたかなんて覚えてもいません。

新しいマインドセットを作るとは、ある行動(価値)を、無意識のうちに自分の行動として取り入れる過程を、

意識的に行うことなのです。

新しいマインドセットとは、望ましいと思う行動や価値観

例えば、部屋が散らかっていて、どうやったらきれいになるだろうと思って、

ネットで散らかった部屋をきれいにする方法を調べると、「 元あった場所に戻す 」と書いてあったとします。

これが、自分の部屋をきれいに保つための新しいマインドセットです。

これであなたは、部屋をきれいに保つためのマインドセット=望ましい行動、を見つけました。

マインドセットを作るとは?

それでは、マインドセットを作るとはどういうことになるのでしょうか?

簡単に言えば、「 元あった場所に戻す 」という、部屋をきれいにするためのマインドセットを、

実際に出来るようにする、内面化するということです。

ネットで調べて、なるほどそうかと思うだけではなく、意識しなくてもそのように実行できるようになることが、

マインドセットを作ることになります。

マインドセットを作るにはどうすればいいの?

なんだそんなことかと思われたかも知れません。

でも、他の人からアドバイスをもらったり、ネットで調べたりしたことをなるほどと思って、

実際にやろうと思っても、うまくできないということは、よくあることです。

あなたが部屋をきれいにするために、マインドセット「 元あった場所に戻す 」を実行しようとしても、

なかなかそれがうまくいきません。

部屋をきれいにするためには、「 元あった場所に戻す 」をいつもしなくてはなりません。

そうしないとすぐに部屋は散らかってしまいます。

このいつもするということが、難しいのです。

どうしてかというと、「元あった場所に戻す」が習慣になっていないので、

「 元あった場所に戻す 」ということが面倒で、やる気が起きないからです。

いつも部屋をきれいに出来ている人は、「 元あった場所に戻す 」ということを面倒に思うことなく、

自然に行っています。

習慣化していて、何か動かすたびに、いつも「 元あった場所に戻す 」ことをしています。

その結果、部屋はきれいに保たれて、散らかって困ったりすることなく、快適に過ごしています。

部屋が散らかってしまう人と部屋をきれいに保つ人の違いは、「元あった場所に戻す」をするか、しないか、これだけです。

もう少し言えば、「元あった場所に戻す」を面倒に思うか、思わないか、の違いです。

マインドセットを作るというのは、『ある望ましい行動=マインドセットを実際に出来るようにする』ということでした。

実際に、ある行動のマインドセットが身につくためには、マインドセットを実行するのが苦にならないようにする、

マインドセットを実行するのが心地よくなるようにする、これがマインドセットを作る考え方の土台です。

もし「元あった場所に戻す」のは簡単、「元あった場所に戻す」のは心地よい、という認識が持てれば、

「元あった場所に戻す」のを面倒に思う気持ちが、徐々に薄れていって、

何か動かした時に「そうだ!元あった場所に戻すんだ」と思うようになり、

だんだん元に戻す行動が増えていって、どんどん「元あった場所に戻す」をやるようになり、

やがて「元あった場所に戻す」は習慣化され、

あなたはマインドセット「元あった場所に戻す」を作ることができたことになります。

このように、新たな『ある望ましい行動=マインドセット』が作られる過程をみると、

『ある望ましい行動=マインドセットは、心地よい』という認識を持てるかどうかがポイントであることが分かります。

マインドインスパイアは、この『ある望ましい行動=マインドセットは、心地よい』

という認識を持つためのツールとして、開発されています。

マインドセットを作る3つの方法

マインドインスパイアでは、ある望ましい行動=マインドセットが、心地よいと思えるようになるために、

3つのやり方を用いています。

一つ目は、イメージング(イメージ療法)です。

二つ目は、ミラーリング効果を用いたドラマ療法です。

三つ目は、アファメーション(自己宣言)です。

それぞれの療法についてご説明しましょう。

イメージング(イメージ療法)

イメージングは一番簡単な方法で、『マインドセットを実行して、うまくいっていることを、イメージする(想像する)』ことです。

スポーツをやっている方にはなじみがあると思いますが、イメージトレーニングも同じ考え方をしています。

うまくいくイメージを何回も繰り返していると、不思議なもので、だんだんイメージしていることが、うまくいくような気がしてきます。

そして、うまくいくような気がしてくると、無意識にそのイメージしていること(マインドセット)を実行するようになります。

先ほどの、部屋をきれいにするためのマインドセット「 元あった場所に戻す 」をできるようにするためには、

『動かしたものを「 元あった場所に戻す 」と、とても部屋がきれいになり、気分が晴れやかになる』ということを、毎日繰り返しイメージします。

毎日繰り返しイメージしていると、元に戻せばきれいになる、元に戻せば気分がいいという気になってきて、

ふと、動かしたものを元に戻すようになり、だんだんあなたの部屋はきれいな状態になっていき、

やがて意識しなくても、「元あった場所に戻す」が習慣化され、あなたの部屋はきれいな状態が保たれるようになります。

しかし、理屈ではイメージを繰り返せばうまくいくと理解できても、日常生活でこのようにうまくいくでしょうか。

確かにスポーツ選手のように、決まったトレーニングの時間をとっていれば、

イメージを繰り返すことも容易に習慣化されやすく、効果も期待できますが、大抵は、忙しさにまぎれて、

動かしたものを元に戻して気分が良くなっている自分を、毎日イメージする暇もなければ、イメージする意欲もわかず、

「元あった場所に戻す」を意識することなく、そのまま部屋が散らかってしまうことがほとんどだと思います。

そこで、マインドインスパイアのイメージングでは、日々簡単に、マインドセットがうまくいっているイメージを持てるように、

あなたのスマートフォンに自動でセットされる「動かしたものを元に戻して心地よい自分」がイメージできる音声ファイルを提供し、

忙しい日常生活の中でも、スマートフォンの音声ファイルを繰り返し聞くことで、

イメージの力を活用して、新しいマインドセットを意識の中に作り出すことを実現していきます。

ミラーリングを用いたドラマ療法 ETMD法

もう一つ、新しいマインドセットを作りだす方法として、ETMD法(Elicitation Techniques by Mirroring Drama)という、

望ましいマインドセットを意識化するための、ミラーリングの手法を使ったドラマ療法が開発されており、

マインドインスパイアでも、この手法を取り入れています。

EDMD法は、「 私 」という主人公の音響ドラマを聞き、ドラマの中で「 私 」のまわりの人たちが、

あるマインドセットができるようになることで、心地よいことがたくさん起こるという体験をしていき、

その様子を見ている主人公の「 私 」も、このマインドセットをすると、こんなによいことが起こるんだ

と思うようになって、新しいマインドセットが、主人公の「私」を通して、

音響ドラマを聞いている人の無意識の中に書き込まれていくという仕組みを取っています。

なぜ主人公である「 私 」自身に、心地よいことが起こるようなドラマにしないのかと思われるでしょうが、

顕在意識が働いていると、ドラマを聞いている自分の分身である「私」が、

ありもしないことをするわけがないと思ってしまい、「私」によい体験が起きることが否定されてしまいます。

だから、他の人が体験してうまくいっていることを見るという形をとって、他の人の体験が鏡に映るように、

自分も同じ体験が出来るという成功の体験を、無意識の中に作り出していくのです。

これは、サルを使った動物実験などで実証されているミラーリングという手法なのですが、

人間にも同じように効果のある、人がうまくいっていると自分もとうまくいくと思う、その原理を応用した手法です。

あなたもマインドインスパイアが提供するETMD法の音響ドラマを聞くことで、新しいマインドセットを作ることが出来るのです。

アファメーション(自己宣言)

アファメーションとは、肯定的な言葉を自分自身の潜在意識に語り掛けることにより、

自分の潜在意識を自分の望むように変えていく方法です。

顕在意識と違って、潜在意識はとても素直なので、心と体をリラックスさせ、

脳波をアルファ波にして、無意識状態にした上で、

「 私は、自信がある 」と言われると、自信が出てきて心身ともに元気になりますし、

「 私は、すべてうまくいっている 」と言われると、少し難しいことでもチャレンジしていこうという気にもなります。

この効果は、とても大きく、このようなアファメーションを毎日唱えることで、

実際に、脳内ホルモンが分泌され、脳幹を通して身体全体に指示が出て、

疲れにくくなったり、元気が出たり、行動力が増したりすることもわかっています。

望ましいマインドセットを、アファメーションとして潜在意識に語り掛けることで、そのマインドセットが身につくのです。

という風に言葉で言ってしまうと、一見簡単そうなアファメーションですが、

いかに無意識の状態になれるかによって、効果が変わってしまいます。

マインドインスパイアでは、どんなアファメーションがあなたにふさわしいかを判断し、

音声ファイルの中で、顕在意識を抑え、深くリラックスした状態になるように働きかけ、

望ましいアファメーションを、効果的に潜在意識に語り掛けることができるように、無意識の状態に導きます。

マインドインスパイアのアファメーションを用いて、新しいマインドセットを手にいれ、

心も身体も、元気な状態を取り戻しましょう。

うつを自分で治すためのマインドインスパイアの130のワーク

マインドインスパイアは、その言葉の通り、あなたのマインドをインスパイアする(心を触発する)ために、

この3つの手法を効果的に活用した音声ファイルをご提供します。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

薬の前に出来ること

鬱(うつ)病:薬を飲む前に出来ること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です