デプロメールを服用する効果

デプロメールとは

デプロメールは、神経伝達物質 セロトニンを増加させるため、意欲を高めたり、不安や落ち込みなどの症状を改善する効果があります。

うつ病では脳内のセロトニンなどの神経伝達物質の働きが不調となり、意欲の低下、不安などの症状があらわれると言われています。

神経伝達物質セロトニンは、神経細胞シナプス間で、情報を伝えますが、伝わらなかったセロトニンは、シナプスへ再回収されます。

デプロメールは、その再回収を阻害しすることで、セロトニンを増やし、抗うつ作用、すなわち、意欲を高めたり、不安や落ち込みなどの症状を改善するのです。

デプロメールの特徴

デプロメールは、セロトニンだけを増やすお薬ですので、それ以外の副作用は、少なくなっています。

うつを改善するための効果は、比較的緩やかなので、症状が軽い場合に使われることが多いです。また、不安や強迫症状を和らげる効果の方が期待できるため、落ち込みよりも不安が目立つ場合に使われます。

一般に処方されるセロトニン系 抗うつ薬 SSRIは、

ルボックス/デプロメール(フルボキサミン):1999年~
パキシル(パロキセチン):2000年~
ジェイゾロフト(セルトラリン):2006年~
レクサプロ(エスシタロプラム):2011年~

デプロメールは、SSRIの中で最初に開発されたお薬で、比較的効果は緩やかです。軽い症状の場合に使われることが多いです。

デプロメールの効果

デプロメールを服用し、セロトニンを増加させることで、意欲を高め、不安や落ち込みの症状を改善する効果があります。

セロトニンは、意欲を高め、不安や落ち込みの症状を改善する物質のため、デプロメールにより、セロトニンを増加させることで、次のような病気や症状に効果があります。

強迫性障害
社会不安障害
うつ状態
うつ病 など

薬の前に出来ること

鬱(うつ)病:薬を飲む前に出来ること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です