当面の間、診断、カウンセリングを無料で対応しています。

パキシルの副作用とは

パキシル 副作用

パキシルとは

パキシルは、神経伝達物質 セロトニンを増加させるため、意欲を高めたり、不安や落ち込みなどの症状を改善する効果があります。

うつ病では脳内のセロトニンなどの神経伝達物質の働きが不調となり、意欲の低下、不安などの症状があらわれると言われています。

神経伝達物質セロトニンは、神経細胞シナプス間で、情報を伝えますが、伝わらなかったセロトニンは、シナプスへ再回収されます。

パキシルは、その再回収を阻害しすることで、セロトニンを増やし、抗うつ作用、すなわち、意欲を高めたり、不安や落ち込みなどの症状を改善するのです。

パキシルの主な副作用

パキシルは、他の抗うつ剤と比べると、薬の効果は高いのですが、副作用が強く、さらに、途中で服用をやめると、中断症状が出るため注意が必要です。

また、パキシルの服用の際には、眠気が出ますので、服用後の車の運転、機械操作などは止める必要があります。

主な副作用
発汗:汗がでること

頻脈:脈拍が1分間に100以上のことで、動悸や息切れ、胸痛やめまいなどの症状になることがある

振戦:手、頭、声帯、体幹、脚などの体の一部に起こる、不随意でリズミカルなふるえのこと

発熱:体温が上がること

発疹:目で見て分かる皮膚の変化

血管浮腫:皮下組織にみられる腫れで、顔やのどに現れることがあります。 薬やその他の物質(誘因)に対する反応、がんのまれな合併症、免疫疾患として血管性浮腫

倦怠:心身が疲れてだるいこと

倦怠感:疲れた、だるいと感じること

ほてり:異常な熱感のこと

無力症:全身の筋力が弱くなったり、疲れやすくなったりすること

疲労:疲れること

個人差がありますが、このような副作用が、起こる可能性があります。

パキシルの重大な副作用

また、可能性はぐっと低くなりますが、次のような重大な副作用が、製薬メーカーにより指摘されています。

重大な副作用

白血球減少:白血球が少なくなること

血小板減少:血小板が少なくなること

セロトニン症候群:普通は、薬物によるセロトニン量の調整により、精神状態の変化、高体温、自律神経および神経筋の異常に繫がる

不安:不安を感じること

焦燥:いらいらすること、あせること

興奮:興奮すること

錯乱:気持や考えがいろいろと入り乱れて混乱すること。

幻覚:実際にはないのに、はっきりとした感覚が存在するといこと。幻覚には、幻視・幻聴・幻触・幻臭・体感幻覚・幻肢などがある。

反射亢進:反応が過敏になること

ミオクローヌス:筋肉や筋肉群に起こる素早い稲妻のような収縮のこと、ミオクローヌスは片手にだけ、または上腕、脚、顔面の1つの筋肉群だけに起こることもあれば、多くの筋肉で同時に起こることもある

戦慄:恐ろしくてからだが震えること

悪性症候群:抗精神病薬などにより出現する副作用のこと

無動緘黙:明瞭な言語反応が欠如した状態

強度筋強剛:筋肉の収縮と弛緩が切り替わり難くなり、間接の運動がぎこちなくなる

嚥下困難:水や食べ物が飲み込みにくくなること

血圧変動:血圧の上がり下がりが大きいこと

白血球増加:白血球が増加すること

血清CK上昇:CKは筋肉に筋肉の収縮や弛緩のエネルギー代謝に重要な役割を果たしている酵素で、骨格筋や 心筋が障害を受けてCKが増加し、血液中に多く出ている状態

CK上昇:CKは筋肉に筋肉の収縮や弛緩のエネルギー代謝に重要な役割を果たしている酵素で、骨格筋や 心筋が障害を受けてCKが増加していること

ミオグロビン尿:筋肉の細胞のなかで酸素を運搬する役割を持つミオグロビンが、尿中へ大量に排出され、尿が茶褐色になること

腎機能低下:腎臓の機能が低下すること

痙攣:けいれんとは、意志とは関係なく筋肉に力がはいる状態のこと

せん妄:場所や時間を認識する機能に異常が生じ、幻覚・妄想などにとらわれて興奮、錯乱、活動性の低下といった情緒や気分の異常が突然引き起こされる精神機能の障害のこと

中毒性表皮壊死融解症(TEN):通常医薬品の副作用として発生す重い皮膚障害

Toxic Epidermal Necrolysis:重い皮膚障害で、皮膚は水ぶくれになり、剥がれ痛む

皮膚粘膜眼症候群(Stevens−Johnson症候群):高熱に加え、やけどの際にみられるような水ぶくれ、発赤、発疹などの症状が全身の皮膚や粘膜に現れる

多形紅斑:赤く盛り上がった斑状の病変を特徴とする炎症性皮膚疾患

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群:尿量を減少させる作用を持つホルモンであるバソプレッシンが血漿浸透圧に対して不適切に分泌、または作用することによって起こる症候群

SIADH:尿量を減少させる作用ホルモンであるバソプレッシンが不適切に分泌されることにより、循環血液量が増加して血中ナトリウム濃度が減少すること、結果、意識障害や痙攣が起こる

低ナトリウム血症:血中のナトリウムの濃度が低下してしまうこと、意識障害や痙攣が起こる

重篤な肝機能障害:肝機能障害:肝臓の機能が障害されている状態

肝不全:肝機能が大幅に低下した状態

肝壊死:肝臓の一部の組織や細胞が死ぬこと

肝炎:肝臓に炎症が生じた状態

黄疸:血液中に含まれるビリルビンという成分が身体の組織に沈着し、肌や白目が黄色く染まって見える状態

横紋筋融解症:骨格筋の組織破壊や壊死により筋由来成分が血中へ流出して、時に急性の腎障害を起こして致命的になることがある疾患

筋肉痛:筋肉の痛み

脱力感:体から力が抜けてぐったりとすること

血中ミオグロビン上昇:筋肉の細胞のなかで酸素を運搬する役割を持つミオグロビンが血中に増えること

尿中ミオグロビン上昇:筋肉の細胞のなかで酸素を運搬する役割を持つミオグロビンが、尿中へ大量に排出され、尿が茶褐色になるこ

急性腎障害:腎臓の機能が急激に低下し、体内の水分や老廃物を排泄できなくなる病気

汎血球減少:血液中の白血球、赤血球、血小板のすべてが減少する疾患

無顆粒球症:血液中の白血球の成分のうち顆粒球(特に好中球)が減少し、ほとんどなくなる病気

アナフィラキシー:じんましんなどの皮膚症状やくちびるの腫れなどの粘膜の症状とくしゃみ、息切れなどの呼吸器の症状や血圧低下などの症状が複数同時にあらわれる

呼吸困難:呼吸することが困難になること

それ以外の副作用

上記ほどは、重くはありませんが、次の副作用が可能性としてあるとのことです。

その他の副作用
 悪寒 、 傾眠 、 めまい 、 頭痛 、 不眠 、 神経過敏 、 知覚減退 、 躁病反応 、 感情鈍麻 、 錐体外路障害 、 あくび 、 アカシジア 、 内的な落ち着きのなさ 、 静坐困難 、 起立困難 、 精神運動性激越 、 味覚異常 、 異常な夢 、 悪夢 、 健忘 、 失神 、 離人症 、 嘔気 、 便秘 、 食欲不振 、 腹痛 、 口渇 、 嘔吐 、 下痢 、 消化不良 、 心悸亢進 、 一過性血圧上昇 、 一過性血圧低下 、 起立性低血圧 、 そう痒 、 蕁麻疹 、 紅斑性発疹 、 白血球増多 、 ヘモグロビン減少 、 ヘマトクリット値増加 、 ヘマトクリット値減少 、 赤血球減少 、 異常出血 、 皮下溢血 、 紫斑 、 胃腸出血 、 肝機能検査値異常 、 ALT上昇 、 AST上昇 、 γ−GTP上昇 、 LDH上昇 、 Al−P上昇 、 総ビリルビン上昇 、 ウロビリノーゲン陽性 、 BUN上昇 、 尿沈渣<赤血球・白血球> 、 尿蛋白 、 排尿困難 、 尿閉 、 尿失禁 、 霧視 、 視力異常 、 散瞳 、 性機能異常 、 射精遅延 、 勃起障害 、 総コレステロール上昇 、 体重増加 、 血清カリウム上昇 、 総蛋白減少 、 乳汁漏出 、 末梢性浮腫 、 月経障害 、 不正子宮出血 、 無月経 、 激越 、 緊張亢進 、 レストレスレッグス症候群 、 過敏症 、 光線過敏症 、 急性緑内障 、 高プロラクチン血症 

パキシル錠10mgの基本情報

日経メディカル 処方薬事典 

パキシル服用の注意事項

禁止事項

次の症状がある方は、絶対に服用しないでください。

過敏症
ピモジド投与中
MAO阻害剤投与中あるいは投与中止後14日間以内

また、妊娠されている方は、絶対に服用しないでください。

注意して服用

次の症状がある方は、医師と相談した上で、慎重に服用してください。

肝障害
自殺企図
自殺念慮
出血傾向
出血性素因
てんかん
脳器質的障害
緑内障
重度腎障害
出血の危険性を高める薬剤を併用
統合失調症素因
衝動性が高い併存障害
躁うつ病

また次の方も服用には注意が必要です。医師と相談の上、服用してください。

授乳婦
新生児
乳児
幼児・小児

服用を止めた場合、減薬の場合の副作用

パキシルは、服用をやめてしまった場合や、服用の量を減らしてゆく際には離脱症状が出ますので、長期間服用を続けた後、急にやめたりするのではなく、医師の指示に従い、少しずつ減らしてゆく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です