うつを自分で治すためのマインドインスパイアの130のワーク

ここでは、うつ症状の原因となる下記のマインドセットをそれぞれに変えてゆくマインドインスパイアのワークをご紹介していきます。

うつの原因となるストレッサーと反応してうつ症状をおこす主なマインドセットは、以下の7つです。心療内科にくる方は、いろいろお話を聞くと、ほとんどが、以下の7つのうちのどれか又は複数のマインドセットを持っています。

  1. 根拠もないのに、将来について非常に否定的・悲観的な予想をしてしまう悲観的予想
  2. 自分や周りの状況について、0か100かの決めつけをしてしまうオールオアナッシング思考
  3. の根拠もないのに最悪の結論になると思い込んでしまう結論への飛躍
  4. 物事や自分の否定的な細部に注目し、そのことばかり考えて、他の良い面からは目を背けて見ないようにするトンネル視野
  5. 何かよくないことがあると、自分が悪いと思い込んでしまう自責思考
  6. 人に対してあるやり方でやらなければならないと思い込む人へのねばならない思考
  7. 自分に対してあるやり方でやらなければならないと思い込む(自分へのねばならない思考

うつ病の原因の7つのマインドセット

マインドインスパイアのワークは下記の4種類があり、

  1. 思考によるマインドセットを消し去る・弱める(TE)
  2. 思考によるマインドセットを新たに作る(TC)
  3. 感情によるマインドセットを消し去る・弱める(EE)
  4. 感情によるマインドセットを新たに作る(EC)

それぞれに、診療治療の現場で使われている認知行動療法、イメージ療法、退行療法に加えて当研究所が独自に開発したエンジェルマスター手法を、

音響ファイル(MP3)にしてご用意しています。

これらの音響ファイルをお持ちのスマホで聴きながらイメージすることで、診療治療と同様の効果が見込まれます。

それでは個別にご説明していきます。

目次

思考によるマインドセットを消し去る・弱めるイメージワーク(TE)

認知行動療法により、思考マインドセットを理解するワーク

内容

うつ病の治療において、もっとも取り入れられている治療法である、認知行動療法のカウンセリングの内容と同じものを、音声音響データで提供しています。

これにより、あなたのマインドセット(認知行動療法では認知の歪みといいます)をなくしていきます。

ジョン・プレストン心理学博士の著書、「うつを克服する」に紹介されている認知の歪みを修正するカウンセリング内容を、参考にまとめています。

ジョン・プレストン「うつを克服する」より

効果

このワークでは、あなたのうつの原因であるマインドセットを、認知行動療法のカウンセリングで行う質問を聞きながら、その質問に心の中で答えてゆくことで、あなたがもつマインドセットが、根拠のないものであることが徐々に理解されて、その結果、マインドセットが弱まって、うつ症状が改善していきます。

比較的軽いうつ症状は、これだけで改善することがよくあります。

イメージ療法により、思考のマインドセットを消去するワーク

内容

マインドセットを消すイメージ療法としては、一般的であり、とてもシンプルなワークです。

問題のマインドセットによって行動している様子をイメージして、イメージの中でそれをうち消すというものです。

スピリチュアルメディスンの各種ワークを参考にうつ症状に効くワークを作成しています

ジェラルド エスプタイン スピリチュアルメディスンより

ニューヨークでクリニック開業のの傍ら、マウントサイナイ医療センターで精神医学の臨床助教授を務める。心身の治療に心的イメージを取り入れたパイオニアの1人。メンタルヘルスの専門家対象に大学院中のイメージ研究を行うアメリカ心的イメージ研究所の所長を務める。このワークは、各種治療法の中から、「抹消法」を用いている。

効果

シンプルなワークですが、五感を使ってイメージすることができれば、意識的にマインドセットを消す効果があり、これを続けることで、このマインドセットからの影響を抑えることが出来て、うつ症状が緩和していきます。

イメージ療法により、思考のマインドセットを消去するワーク2

内容

上記のワークとほぼ同様のワークですが、マインドセットを五感によって、うまくイメージができない場合、マインドセットを言葉としてイメージして、それをイメージの中で消してゆくワークです。

効果

マインドセットの言葉の意味を深く理解することで、意識的にマインドセットを消す効果があり、これを続けることで、このマインドセットからの影響を抑え、うつ症状が緩和していきます。

スピリチュアルメディスンの各種ワークを参考にうつ症状に効くワークを作成しています

ジェラルド エスプタイン スピリチュアルメディスンより

DTCC手法により、思考のマインドセットを消去するワーク

内容

DTCC手法(自分を主人公とする音響ドラマ)によるドラマ形式で、うつ病治療でよく行われているグループワークと同様の内容をドラマの中で実施して、ドラマの登場人物のいろいろな意見を聞くことにより、うつ症状のマインドセット(認知の歪み)を消していくことができます。

効果

ドラマの中で、主人公として他の人々との会話をやり取りするため、自然にマインドセットとなった認知の歪みを受け入れ、解消してゆこうという気持ちになります。

消す

マインドセットを消す方法

思考によるマインドセットを新たに作るイメージワーク(TC)

アファメーション手法により、肯定的な意識を作るワーク

内容

対象のうつ症状を改善する新しいマインドセットを、音声を聞きながら、自己の宣言として唱えることで新しいマインドセットが意識に定着してゆきます。

効果

何度も繰り返しこのワークの音声を聞きながら、復唱(自己宣言)することで、新しいマインドセットが行動を伴う意志として意識の中に作られていくため、新しいマインドセットの効果が出やすくなります。

認知行動療法により、思考マインドセットを書き換えるワーク

内容

対象のうつの原因となるマインドセットを質問によって消去し、あなたのマインドセットに変えることを論理的に説明していきます。

効果

古いマインドセットを、新しいマインドセットに変えることが大切だと論理的に理解できれば、比較的容易にうつ症状から回復できます。

認知行動療法をマインドセット毎に、改善してゆく

ジョン・プレストン心理学博士の著書、「うつを克服する」より

イメージ療法により、思考のマインドセットを書き換えるワーク

内容

マインドセットの変更を論理的に理解しても、なかなか納得がいかない場合、ワークを通じて新たなマインドセットをイメージすることを繰り返し、意識に定着させていきます。

効果

繰り返しイメージすることで、古いマインドセットが出てくるシチュエーションの時に、新たなマインドセットがイメージされるようになり、古いマインドセットを原因とする諸症状が出にくくなっていきます。

こちらのイメージ療法は、下記のイメージ療法を、参考に作られています。

アニーズ A.シェイク Imagination and healingより

イメージ療法により思考のマインドセットを書き換えるワーク2

内容

論理的には理解してもなかなか納得がいかない場合、イメージで新たなマインドセットを言葉として描き出し、意識に定着させていきます。

効果

何度か繰り返しイメージすることでそのマインドセットが出てくるシチュエーションの時に、新たなマインドセットが言葉でイメージされるようになって、対象のマインドセットを原因とする諸症状が出にくくなります。

こちらのイメージ療法は、下記のイメージ療法を、参考に作られています。

アニーズ A.シェイク Imagination and healingより

ここまでの思考によるマインドセットは、TE、TCのワークによって、多くの方に改善がみられます。

何故なら、自分のうつは、このような認知の歪みがあるんだ、考え方をこう変えていけば、自分のうつうつとした気持ちは改善するということがわかれば、強い感情を伴わずに形成されたマインドセットは、解消するのです。それに伴って、うつ症状も改善していきます。

ただし、問題は、あなたのうつ症状を引き起こしているマインドセットが強い感情を伴い形成されている場合です。

その場合には、このマインドセットが原因でうつになっていると頭でわかっても、あなたは、無意識にそのマインドセットにより行動してしまい、うつ症状も改善されません。

この感情を伴うマインドセットを消したり、新しいマインドセットをつくったりできるのがマインドインスパイアの最大の特徴なのです。

それでは、感情を伴うマインドセットを変える方法のEE、ECについてご説明します。

マインドセットを作る方法

感情によるマインドセットを消し去る・弱めるイメージワーク(EE)

イメージ療法(光のイメージ)により感情のマインドセットを消去するワーク

内容

対象となるマインドセットが、強い感情を伴い作り出されたマインドセットの場合、簡単には心からは消えません。

あなたの意識はこのマインドセットに影響され、そのマインドセットにより考え方が支配されてしまいます。

このようなマインドセットは、それが形成された時に受けた負のエネルギーを、吹き飛ばすための強いエネルギーを持ったものでなくてはなりません。

このワークでは、光と言う強いエネルギーを持つイメージを描くことで、感情の負のエネルギーを弱め、あなたの感情のマインドセットを消し去ります。

効果

光のイメージにより心が浄化され、清々しい気持ちになります。

同時に光の持つパワーにより、気持ちが明るくなって、うつ症状の原因となっているマインドセットが弱まっています。

こちらのイメージ療法は、下記のイメージ療法を、参考に作られています。

アニーズ A.シェイク Imagination and healingより

退行療法による感情のマインドセットの消去

内容

このワークでは、音声に従いあなたの幼少期このマインドセットができた時期に戻り、そのマインドセットの原因となった出来事を確認し、イメージの中で撃退することで、マインドセットのパワーを弱めます。

効果

イメージとは言え、対象マインドセットの原因を叩き潰したときの気持ちは爽快です。

このイメージを繰り返すことで、心が徐々に晴れてきて、このマインドセットのパワーが衰え、次第にあなたの意識から消えていき、うつ症状が弱まっていきます。

ただし、この方法は、深い脳波に入っていく必要があるため、適切な呼吸法と自律訓練法などの訓練が必要となります。

当然、この音声の中にそれらの方法は含んでいますが一定期間(人によって様々ですが、ある程度深く深い意識に入っていけるようになるためには、数週間程度必要です。

こちらのイメージ療法は、下記の療法を、参考に作られています。

A.M.クラズナー あなたにもできるヒプノセラピーより

ヒプノセラピストの第一人者として長く臨床の場で活躍した後、米国催眠療法学院を創設、多くのヒプノセラピーストを世に送り出した。このワークは、ヒプノセラピー手法を応用して、マインドセット形成の原因を探り、その改善を行います。

感情によるマインドセットを新たに作るイメージワーク(EC)

イメージ療法(内なる静寂)により新しい感情のマインドセットを作るワーク

内容

このワークは、マインドフルネス瞑想を行うことにより、あなた自身で自分自身を観察し魂のもっと深いところにある内なる静寂に到達できるように導きます。

そして、うつのマインドセットを変える新しいマインドセットを、自分の内なる部分から聞き出してゆくのです。

効果

マインドフルネス瞑想により自分自身の内なる部分から得られた新しいマインドセットは、あなたに適したあなたが変わることのできる最高のマインドセットです。

このワークを何度か繰り返すことで、あなたの心は大きく変わり心は晴れやかになります。

*マインドフルネス瞑想が加わるため、ワークの時間が長くなるのと同時に、瞑想の熟練度により効果の得られ方に経験差、個人差があります。

こちらのイメージ療法は、下記の著書内の療法を、参考に作られています。

精神科医 ロベルト アサジョーリ の著書、「サイコシンセシス」

イメージ療法(望ましい特性)により新しい感情のマインドセットを知るワーク

内容

内なる静寂により新たなマインドセットが得られない場合、従来のマインドセットに代わる新たなマインドセットをワークの中で提示してゆきます。

そして、五感を使ったイメージングにより、意識に新しい刷り込んでゆきます。

効果

新しいマインドセットが、イメージにより意識に刷り込まれることで、古いマインドセットに支配されていた意識は、その支配から解放され、新しいマインドセットにより行動するようになりうつ症状は改善してゆきます。

こちらのイメージ療法は、下記の著書内の療法を、参考に作られています。

精神科医 ロベルト アサジョーリ の著書、「サイコシンセシス」

ETMD手法により感情のマインドセットを書き換えるワーク

内容

恐怖や悲しみといった強い感情によってつくられたマインドセットを、自分を主人公としたドラマで喜びや感動を、何度も味わうことで変えてゆきます。

その際、メンタルブロックがそんなのムリというようなことが起こらないよう協力してくれるエンジェル達の喜びや感動に共感することであなたのマインドセットが自然に変われてゆくように脳の特性のミラーリングという機能を活用する構成にしてあります。

効果

このETMD法による音響ドラマはとても明るく楽しいドラマに作られていて、これを何度か聞くことで、あなた自身は心で自然に感動を味わい、徐々にうつの原因となるマインドセットを改善するマインドセットに変えてゆくことが出来、あなたの心は、深い闇から解放されるように楽になってゆきます。

これらの手法によるイメージングナビゲーションを作成し、朝起きた時や、夜寝る前に、聞きながら、イメージすることで、あなたの心は癒され、あなたの意識には、うつ症状のストレッサーを、適切に受け止める認識が、備わるようになります。

そして、これを、しばらく続けることで、心は静かに、落ち着きをとり戻し徐々にうつ症状は改善してゆくのです。

以上13種類のワークが、それぞれのマインドセット毎にあり、さらに、マインドセットによらない心や身体をヒーリングしてゆくワークもあり、全体で、そのアレンジも加えると130以上のワークがスマホで聞ける音声ファイルとして準備してあります。

なぜ、こんなに多くのワークを用意しているのかと言えば、うつ病と簡単に行ってもその対処法は、人によってまったく違うのです。

原因となるストレッサーも違えば、それぞれの人が持つマインドセットも違いますし、さらに、そのマインドセットができた状況も違います。

自然に刷り込まれたマインドセットなのか、強い感情伴ったマインドセットなのか、自分を守るために自分で作り上げたマインドセットなのか、

これらのあらゆるパターンのうちのあなたに合うやり方を見つけ出さないとあなたのうつ症状は改善することができません。

だからうつ病は、なかなか治らないのです。

うつ病治療の現状

うつ病だと思い、病院に行くとうつ病かどうか教えてくれて、体に影響が出ていれば、それにあう安定剤とか抗鬱剤とか処方してくれます。

そして、心の問題があると判断されれば、多くの場合、心療内科を紹介してくれます。

そして、心療内科の医師は、あなたにいろいろ質問をします。

なぜなら、あなたのうつ症状を治療するためには、どのようなストレッサーが原因なのか、また、あなたが持つどのようなマインドセットが、そのストレッサーに反応してうつ症状が現われているのかを探るためです。

そして精神療法を行う医師にはここに多くの時間をかけます。なぜなら、本当に人の心は、なかなかわからないのです。

表面上はある程度わかっても、深層心理にどのようなものがあるのか簡単にわかるものではありません。

したがって、多くの時間とお金をかけても、全く効果がない場合でさえあるのです。

マインドインスパイアを使い自分でうつ症状を改善するには

そこで、マインドインスパイアでは、130を超えるうつ症状改善のためのワークをご用意して、ご自分の感性で、ワークを選び、それを実行することで、ご自身で少しでも、うつ症状改善できる方法を提供しているのです。

とはいっても、130以上のワークの中からどれが自身に必要なワークかは、なかなかわからないと思います。

ですから、まず、選択式の自己診断アンケートを行い、それを基に、マインドインスパイアの専門スタッフが、あなたのうつ症状のレベルが、26段階のどこにあるのか、その原因のストレスが何で、どのマインドセットが、うつ症状を起こしているのか、また、うつ症状を改善するためには、平均どのくらいかかるのかを、まとめた診断書を示すことにより、あなたのうつ症状を、自宅で、スマホを使って治すお手伝いをしています。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

薬の前に出来ること

鬱(うつ)病:薬を飲む前に出来ること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です