当面の間、診断、カウンセリングを無料で対応しています。

現在の症状と改善へのプロセス(サンプル)

現状とプロセス

1.あなたのうつ症状レベル

あなたのうつ症状レベルは、27点中「12点」で「中等度」です。

マインドインスパイアにおけるうつ症状のレベルの診断は、世界的に知られている精神科医のJohn Rush(ジョン・ロッシュ氏)によって開発された、うつ症状の簡易診断 QIDS-J:Quick Inventory of Depressive Symptomatologyに基づいています。

QIDS-Jは、アメリカ精神医学学会の判断基準である、DSMーⅣの診断基準に対応し、世界10カ国以上で使用されているものです。

アンケートで答えて頂いた16項目の評価尺度により、1~27点でうつ症状の程度を判断しています。

診断の基になった、あなたのうつ症状を見てみましょう。

(1)身体症状

睡眠 寝つくのに60分以上かることが、(1週間の)半分以上ある。
食事 普段よりいくぶん食べる回数が少ないか、量が少ない。少し体重が減った気がする。

(2)精神症状

悲しさ 悲しいと思うことが、週の半分位ある。
集中力 集中力や決断力は普段と変わりない。
自己の価値 普段よりも自分を責めがちである。
興味 人や物事に対して、普段より関心が薄れていると感じる。
エネルギー 普段よりも疲れやすい。
動き 質問に答えるのに時間がかかり、考えが遅くなっているのがわかる。
落着き 普段より気が散りやすく、手をもんだり、座り直したりせずにはいられない。

うつ症状の簡易診断 QIDS-J では、6点以上はうつ病の可能性があり、医療機関での診断を勧めるとされているのですが、マインドインスパイアでは、中程度のレベルの判定の場合、医療機関への受診はお勧めしていません。

なぜなら、通常医療機関で、あなたがアンケートに回答された上記のような症状を訴えると、ほどんどの場合、睡眠薬や抗うつ剤等の薬を処方されますが、薬物療法は、薬の力で物理的に眠れるようにしたり、気力を高めたりする対処療法にすぎず、うつ症状の原因を解決するものではないからです。

その為、治療が年単位にわたったり、薬物への依存や副作用が生じ、薬に頼らなければ気力がわかず、重苦しい気持ちのまま、何もできない状態が続いたりすることも珍しくありません。

マインドインスパイアでは、あなたのうつ症状のレベル「12点」は、身体症状・精神症状共に、薬の助けがなくとも、うつ症状を引き起こしている原因を解きほぐすことによって、改善に導くことが可能であると判断します。

2.あなたのうつの原因として考えられるストレッサーとマインドセット

(1)ストレッサー

人間関係 上司とのトラブル
変化 勤務先の大きな変化(合併・組織変更)

(2)マインドセット

悲観的予想 なにかあるとすぐ悲観的に考えてしまう 75 %
自責思考 何か良くないことがあると、自分が悪いと強く思って、自分を責める 25 %

あなたのうつ症状の原因となるマインドセットは、主に「悲観的予想」と考えられます。

3.改善までのプロセスとおおよその期間

あなたのうつ症状の主な原因となっているマインドセット「悲観的予想」を緩めていくプロセスは、次の4ステップになります。ステップを踏むごとに、うつ症状の簡易診断 QIDS-J で再診断を行いながら、うつ症状の軽減を図っていきます。

まず最初に、ステップ1、2で、心と身体の状態を調えることから始めていきます。眠れるようになったり、落ち着かない心が治まってきたら、ステップ3、4で、マインドセットを変える働きかけへと進みます。

ステップ4まで行って、マインドセット「悲観的予想」が緩んでも、思うようにうつ症状のレベルの改善が進まない場合は、2つ目に作用しているマインドセット「自責思考」に対して、ステップ3、4を行って、緩めていきます。

ストレッサーに反応してマインドセットが過剰に働いてしまうという、うつ症状が生じる原因から改善して、うつ症状レベルを、健康な状態である「6点」以下にしていただくことをお勧めします。

※ 改善までの期間や、うつ症状のレベルの改善度は、クライアントの平均を表示していますが、個人差がありますのでご了承ください。
自然に次のステップへ進みたいと思う気持ちが出てくるのを待ちましょう。その気持ちがあなたが先へ進む合図です。

ステップ1 ヒーリング おおよそ 1週間~6週間

マインドセットの過剰な働きで疲れ切ったあなたの心を、穏やかな景色をイメージしたり、身体をリラックスさせることで、癒していきます。
呼吸法・自律訓練法・マインドフルネス・イメージ療法などを用いて作られたリラクゼーション効果の高い音声・音響ファイルを、あなたの心身の状態や希望に合わせてご提供します。
一定期間聞き続けることで、音声・音響のもたらすイメージや言葉の力であなたの心は癒されて 少しずつ心のエネルギーを取り戻していきます。
少しずつ心のエネルギーを取り戻していきます。

★ステップ1では、現在のうつ症状レベル 12点 を、11点 に改善することを目指しましょう!

ステップ2 気づきを得る おおよそ 1週間~6週間

認知行動療法もしくはマインドフルネス瞑想を用いた音声・音響ファイルの中から、あなたに適したものを選び、また一定期間聞き続けます。

音声・音響ファイルの声や音を頼りに、過去にとらわれず、未来を心配もせず、今に意識を集中させて、ありのままの自分を観ることが出来る心の状態を導きます。

★ステップ2では、うつ症状レベル 10点 を目指しましょう!

ステップ3 マインドセット「悲観的予想」を消す  おおよそ 1週間~12週間

あなたの心にある「悲観的予想」というマインドセットを、各種の認知行動療法を用いて、あなたの気づきに問いかけることで弱めてゆきます。
認知行動療法で思うような効果が得られない場合には、潜在意識につながる無限のエネルギーを活用したイメージ療法や、退行療法などを用いて、マインドセットに付随している感情を取り除きながら弱めてゆきます。

★ステップ3では、うつ症状レベル 8点 を目指しましょう!

ステップ4 変わる新しいマインドセットを作る おおよそ 1週間~12週間

ステップ1~3を経て、うつ症状を引き起こす原因となった「悲観的予想」は、あなたの心の中で薄まって、影響力は小さくなりました。

ステップ3を終着点としても良いのですが、マインドインスパイアでは、悲観的予想のようなネガティブな思い込みに影響されない、新しいマインドセットをつくる、ステップ4をお勧めします。
ステップ4では、あなたの無意識に、「悲観的予想」に変わる、新たな望ましい行動としての、好ましいマインドセットは何かを問いかけします。
好ましいマインドセットが浮かんでこなかったら、マインドインスパイアから、これはと思われるものをご提案します。
そして、あなたにふさわしい新たなマインドセットが、あなたの心に定着するのを助ける音声・音響ファイルをご提供します。
また一定期間、音声・音響ファイルを聞いて下さい。
聞き続けているうちに、新しいマインドセットが、あなたの心に馴染んでいって、自然と思考・行動に出てくるようになります。
ステップ4を行うことで、ストレスに負けない、本来のあなたの良さがいきる未来を手にしましょう。

★ステップ4では、うつ症状レベル6点を目指しましょう!

4.おわりに

この診断書では、アンケートの回答結果から、あなたのうつ症状のレベルを、簡易診断 QIDS-J で判断し、うつ症状を引き起こしている原因の、ストレッサーとマインドセットを特定して、マインドインスパイアを使って、うつ症状を和らげる道筋をお示ししました。

うつ症状は、ストレッサーによって、マインドセットの働きが過剰になると、誰にでも起こりうるものです。
うつ症状は、あなたがストレスに対処しようとして頑張りすぎた結果生じてきたのですから、ストレッサーから逃れるのも一つの手です。
自分を責めてはいけません。
あなたは心身共に、ゆっくり休む必要があるのです。

マインドセットが過剰に働いて、心も身体もガチガチに固まって、心身が休まらず、つらい思いが続いているあなたにマインドインスパイアはお役に立ちたいと願っています。
マインドインスパアと共に、うつ症状の軽減の道を歩みましょう。
あなたのお申し込みを心よりお待ちしています。